2016年 4月 の投稿一覧

アフェリエートではなく自分に合った簡単なネット副業から始めよう!

ネット副業と言えば、アフェリエートを思い起こす人が多いでしょう。アフェリエートはごく一部の人は稼いでいるものの、自分には無理だと考え、ネット副業そのものを諦めてしまっている人も多いようです。

ネット副業のはじめ方として、最初にアフェリエートから始めるのは確かに困難だと言えるかも知れませんが、ネット副業にはそれ以外にも様々なものがあり、下記の様なネット副業の中から自分に合ったものを選んで始めると良いでしょう。

ネット副業のはじめ方として、まず自分の趣味を活かしたり、本業で習得したスキルを活かした副業から始めるのがベストでしょう。

趣味として手芸やクラフト雑貨を楽しんでいる方なら、その作品を専用のサイトで販売すると言う手があります。また写真撮影が趣味ならストックフォトサイトで自信作を販売するのも良いでしょう。こうした販売サイトでは経費も掛からず、リスクはありませんが、販売できなければ収入に繋がらないのは当然です。

こうした収入が得られる否か分からないものではなく、自分のスキルを活かして副業を考えるなら、クラウドソーシングに登録し、様々な仕事の中から自分の得意分野で仕事を確保すれば良いでしょう。

しかし、趣味で培った特技もなく、クラウドソーシングで募集される仕事に答えるだけのスキルもない人は、ネット副業を諦めざるを得ないのでしょうか?答えは否です。そんな人にもお勧めのネット副業として、先のクラウドソーシングでタスク作業と呼ばれている仕事をコツコツと行う方法があります。

具体的には400字程度の文章作成を行う仕事です。文章作成と言っても、文才が必要な訳ではなく、ブログを書く感覚で取り組め、日本語として意味が通じる文章なら、採用されて収入に繋がります。

単価は400字で100円程度が相場ですが、コツコツ作業をすれば、月に2,3万円稼ぐのは比較的簡単です。しかも、ノルマはなく、自分の都合で、好きな時に好きなだけの仕事に取り組めるのが最大のメリットです。

ネット副業のはじめ方としては、楽しみながら趣味の作品の販売とに取り組みながら、クラウドソーシングのタスク作業で着実に小遣い稼ぎを行うという方法がお勧めです。

クラウド系のネット副業なら月4万は稼げる!!

ネット副業で稼ぐという事を目的とするのならやっぱりランサーズが一番オススメかも知れません。

これはクラウドソーシングと言われる仕事の1つでして、分かりやすく言うとすればインターネットを使った内職みたいな感じです。内職というと何となく単価が安くて大変だというイメージがあるかと思うのですけど、こちらのクラウドソーシングの場合はそれまでの内職とは比較にならないぐらいの金額となっています。

もちろん個人の能力によって結果が違ってくるというのはありますが、平均的な単価自体がやはり高いのです。

実際にやるべき事というのは様々なものがあります。例えば文字起こしなんていうのもありますね。これは音声を文字としてデータにするというものです。ビデオ動画やボイスレコーダーなどに記録された音声を文字として入力していくのです。

コンピュータで自動でやるというのはまだまだ現実的ではなく人の耳によって聞き取り、それをキーボードで入力していくのが基本になるのです。

いくらぐらい稼げるのかというのは一概に言い切れないところがあります。

ただ私の場合ですと最低でも1週間に1万円程度は稼げますので1ヶ月にすると40000円以上は確定という事になります。またこれは最低ラインですので、その時々の案件によってはこれの倍近い金額を狙えることもあります。どれぐらい本気になってやるのかによっても結果は違ってくるのでこれ以上の金額を稼ぐ事も可能でしょう。

ちなみに私のケースだと正確に時間を計ったわけではありませんが、おそらく実労働時間としては一日4時間にも満たないのではないかなと思います。これを基本的に毎日続けることによって先程の様な金額になります。

結構怠けながらやっているので本気になればもっと稼ぐ事もできるでしょう。また時間的にもそれほど多くはないので、お仕事であるとか家事の合間にも十分やれるはずです。まとまった時間がなくても稼げるのはネット副業の良いところかと思います。

ストックフォトを使って写真で副業!!

写真撮影に興味があるなら、挑戦したい副業が、ストックフォトとよばれるサービスです。

ストックフォトとは、サイトに出品された写真を有料でダウンロードする、インターネットのサービスをいいます。

ストックフォトと呼ばれるサイトに写真を登録しておくと、ダウンロード、購入された場合に、写真の出品者に収益が入るという仕組みです。こうしたストックフォトでダウンロードされた写真は、ホームページやブログなどで利用されることが多いようです。このストックフォトの大きな魅力は、海外からも写真の利用希望者が閲覧しているということではないでしょうか。

たとえば、日本のお寺やお城といった史跡などは、外国人にも人気もあるそうです。

また個人のブログばかりではなく、企業のサイトやホームページ、パンフレットなどをつくる場合に、写真が利用されることもあります。少し前までなら、プロのカメラマンに依頼して、写真を撮ってもらわなければなりませんでした。

しかしながら、このストックフォトを使えば、インターネット上で、気軽に、必要な写真素材を探すことができます。

こうしたことから、ストックフォトの利用者が増えているのです。ほとんどのストックフォトは、利用登録の前に写真の審査を実施しています。登録希望者は、自信作を何枚かインターネットで応募した上で、自信作を数枚応募して、審査を待ちます。一回で合格するのはなかなか難しいようです。

しかしながら、一回不合格となっても、何回でも審査に応募できるサービスが多いようです。あきらめずに応募し続ければ、いずれストックフォトの出品者になれるかもしれません。

なかには、ストックフォトを副業ではなく、本業にするカメラマンもでてきているようです。そうした利用者は、写真の需要にも敏感なようです。たとえば風景写真だけではなく、モデルを採用して、さまざまなシチュエーションに応じた写真を出品しているようです。このように工夫次第で、可能性が広がるのがストックフォトの魅力ではないでしょうか。

ネットでお金を儲けることは主婦だってできる!

主婦という立場はのんびりできるようで意外にストレスがたまりやすいものです。

主婦としての仕事は、料理、洗濯、掃除、子育てなど多岐に渡ります。どの仕事も基本的には家族のために行ないます。仕事場所は自宅という閉じられた空間の中です。他人と接する機会が極端に少なく孤独を感じやすい状況にあります。このような状況の中で気分転換にちょうどいいのがネットでお金を儲けることです。

ネットでお金を儲けることなんて私にできるわけない、と思っている主婦も少なからずいることでしょう。

確かに以前までなら絶対にありえないことです。2000年以前の日本は、お金は外に出て稼ぐのが当たり前という認識がありました。しかし今は違います。ネットによるビジネスが次々に誕生しています。主婦でもできる仕事がネット上にはいくらでも転がっているのです。

パソコン、スマホ、タブレットなどネットを使える機器であればどれでもはじめられます。最も手軽に行えるのはアンケートモニターの仕事です。アンケートサイトからの質問に答えていくだけの仕事です。

仕事の経験の有無や年齢、性別といったことは一切関係ありません。親の了解を得ることができれば中学生くらいの子どもでも稼ぐことができます。危険がなく確実にお金を得られる仕事なのです。

アンケートモニターで稼げる金額はわずかです。月に1万円稼げればいいほうでしょう。

もっと稼ぎたいということであればアフィリエイトという方法があります。これは自分が作ったブログに企業の広告を貼り付けて収入を得ていきます。仕組みは新聞に挟まれているチラシやテレビのCMなどと似ています。貼り付けた広告の商品が自分のブログを中継して購入されると、利益がどんどん生まれる仕組みになっています。

文章を書くのが大好きという人に向いている仕事です。ブログ作りを楽しみながらお金を稼ぐことができます。

主婦がネットでお金を儲けるときに気をつけておきたいのは、家族に迷惑をかけないことです。

お金を稼ぐことばかりに気をとられて家事をおろそかにすることでもあれば、同居する家族からわんさか不満が噴出します。あくまで目的はストレス発散だということを忘れずに行う必要があります。

クラウドソーシングで在宅副業!!

最近では、インターネットを利用すれば、在宅でも簡単に副収入が得られる時代となりました。

本業を抱えていても、インターネットを使って、空いた時間を利用して副業をする人が増えています。その背景には、厳しい経済状況や、給与所得の減収があるようです。

たとえば、インターネットで在宅でも気軽にできる副業の例の一つとして、クラウドソーシングがあげられるのではないでしょうか。このクラウドソーシングとは、デザインやライティング、システム構築などの技能を持った人と、アウトソーシング先を探している人とをマッチングするサイトのことをいいます。

ライターならば、かつては出版社や編集プロダクションといっしょに仕事をしなければ、原稿料や報酬をもらうことができませんでした。

ところが、一個人であっても、クラウドソーシングを利用すれば、こうした出版社などと取引することがなくても、個人で依頼主を探すことができます。また、単発の仕事だけでなく、継続して受注するチャンスにもつながります。

そして、クラウドソーシングが副業にも向いているのは、プロでなくとも、仕事が受注できるということではないでしょうか。たとえば主婦であっても、プロのライターに負けることなく、仕事を受注することができます。これが出版社などを通じて、ライティングの仕事をする場合になると、プロとして長年の経験がなければ、採用されないことも考えれます。

このように、クラウドソーシングはプロとアマチュアの壁を取り払う存在ともいえそうです。

そして、こうしたクラウドソーシングを利用することで、場所に関係なく仕事ができるようになります。

パソコンやスマートフォンなどがあれば、インターネットを経由して、仕事ができるためです。いわゆるノマドワーカーとよばれる働き方をさします。クラウドソーシングを利用すれば、時間や場所にしばられることなく、空いた時間で副業ができるのではないでしょうか。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !